太もも 肉割れ 原因

太ももの肉割れができる原因は?

 

太ももに肉割れができる原因は、肌に柔軟性がない状態で、急に太って太ももに脂肪がついたり、筋トレで筋肉が付いたりすることです。

 

肌は乾燥していると、硬く柔軟性がない状態になります。この状態で、皮膚が脂肪や筋肉によって内側から押し上げられると、伸び縮みに耐えきれなくなり亀裂が入ります。これが肉割れのメカニズムになります。

 

【肉割れの原因1】肌の乾燥

まず原因の一つが肌の乾燥です。肌はしっとりと保湿されていると、柔軟で柔らかいので伸び縮みしやすい状態になります。この状態だと肉割れにはなりにくいです。

 

肌が乾燥しやすいのは、体質と季節によるものがあげられます。体質は、乾燥肌の方は特に肌が乾燥しやすいので、肉割れになりやすいと言えます。
また、空気が乾燥しやすい冬も、肌がカサカサになるので肉割れになりやすい季節です。

 

対策としては、肌を保湿クリームやオイルで潤す事が有効です。肌が乾燥してきたと感じた時に、保湿クリームやオイルで肌を保湿して柔軟にするのがいいでしょう。

 

保湿クリームやオイルの中でも最も良いのは、肉割れに特化した肉割れクリームを塗ることです。保湿力の高い成分や新陳代謝を促す成分が含まれている為、肌を柔らかくするだけでなく、出来てしまった肉割れ対策にも期待できます。

 

 

【肉割れの原因2】急な体重の増加、筋トレで筋肉がついた時

次に、急な体重の増加や、筋トレで筋肉がつくことです。
太ももは脂肪や筋肉が付きやすい箇所なので、肉割れができやすいです。

 

ダイエットのリバウンドやストレスなどで急に太って太ももに脂肪がついたり、スクワットなどの筋トレのしすぎで急に太ももに筋肉がついたりすると、肌が伸び縮みに耐えきれなくなって亀裂ができて肉割れになってしまいます。

 

また、中学生や高校生などの成長期は急に体が大きくなりやすいので、太ももにも肉割れができやすいです。

 

対策としては、体重が変化する時は気を付けることです。急に太ったり、筋トレのしすぎで筋肉が付いてきたと感じるような時は、肉割れができやすい状態です。
保湿クリームやオイルで肌を柔軟にしたり、これ以上体重が増えないように気を配るのが有効です。

 

 

出来てしまった肉割れをケアする方法を色々知りたい!と言う方はこちらの記事もおすすめです。
太ももの肉割れ線を消すには専用クリームがおすすめ!



page top