太もも 肉割れ かゆい

太ももの肉割れがかゆい!腫れや痛い時の対策方法は?

■このページで伝えたいポイント

  1. 太ももの肉割れがかゆいのは、皮膚が裂ける直前の合図!触らずに保湿して柔軟にしよう。
  2. 肉割れクリームなら保湿で柔軟に+肉割れのケアもできる

急に太ったりすると、太ももの皮膚が無理に引っ張られ、伸びきれずに表面の角質細胞の整然とした並びが破壊されてしまい、皮膚が敗れたような肉割れの状態になります。

 

かゆくなったり痛くなったりすることがありますが、どんな点に注意したら良いのでしょうか。

太ももの肉割れのかゆみは、掻くと腫れるなど悪化するので触らない!

肉割れをした場所は、それまでは隙間なく並んでいた皮膚の表面にある角質細胞が急激に伸ばされてしまうため、皮膚が薄くなっています。
ちょうど、風船を思い切り膨らませた時に、風船のゴム部分の厚みが薄くなるのと同じ仕組みですね。

 

この部分は肌のバリア機能が低下していて、肌細胞の隙間を埋めているセラミドが不足したり、皮脂が不足することによって肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。
そうすると、肌は外からの刺激に敏感に反応してしまうために、かゆいという症状が起こりやすくなるわけですね。

 

肉割れの始まりは、かゆみから始まる事が少なくありません。

 

しかし、かゆいからと言ってポリポリ引っ掻いてしまうと、その部分がミミズ腫のように張れてしまったり、ますますかゆくなって悪循環に陥ってしまうことも多くあります。

 

そのため、もしも急激に太ったり妊娠したりして肌が短期間で伸びるような心当たりがあり、虫刺されとかアレルギーではないのに肌がかゆいなと思ったら、できるだけ掻かないように気を付けながら、保湿ケアをしてあげましょう。

 

保湿ケアをする事によって肌表面の乾燥が軽減できますし、バリア機能を高めることによってかゆみを抑えることにもつながります。

 

肉割れがかゆい時の対策方法

肉割れがかゆい時には、ポリポリ掻くことはNGです。

 

ますます肉割れが広がってしまったり、かいた部分がミミズ腫のようになってしまったり、また掻くと痛くなってしまうこともあります。つまり、肉割れがかゆいからといって引っ掻くと、更なるトラブルにつながってしまうということですね。それではどうしたら良いのでしょうか。

 

もしも肉割れがかゆい時には、引っ掻いても根本的な解決にはなりません。
かゆみの原因は、皮膚が急激に伸びたことでバリア機能が低下したり、肌が乾燥してしまったという部分にあるので、対策としては保湿ケアをするのが効果的です。

 

保湿ケアをする事によって、バリア機能が改善できますし、皮膚の乾燥を抑えることができるので、かゆみを自然に減らすことができます。

 

また、肉割れが悪化するのを防ぐ予防策にもなりますよ。

 

具体的にどんな方法で保湿すればよいのかという点ですが、素早くたっぷり保湿するのが理想的なので、保湿効果が高いアイテムを使うのが良いでしょう。

 

保湿剤にはローションやクリーム、ジェルなどたくさんのものがありますが、クリームやオイルなどは油の膜で肌の表面を覆ってくれるので、短期間でも高い保湿効果が期待できます。ぜひお試しください。

 

太ももの肉割れがかゆい時こそ、肉割れクリームで保湿をする

肉割れ対策としては、高い保湿効果のあるクリームやオイルがおすすめです。

 

特に、妊娠線対策用のクリームとして販売されているものとか、肉割れ対策用のクリームとして販売されているものなどは、優秀な保湿成分がたっぷり入っているものが多いので、少ない使用回数でもかなり大きな効果が期待できます。

 

肉割れクリームを選ぶ際には、どんな成分が入っているかで選びたいものです。

 

肌の乾燥対策としては、細胞の内側を水分で満たしてくれるヒアルロン酸とか、細胞の隙間をジェルで満たしてくれるセラミドなどが効果的ですが、すでに作られてしまった肉割れの跡を消してくれるような成分が入っているものなら、予防だけではなく作られた肉割れの治療としても使えそうですよね。

 

すでにできている肉割れの跡を消すためには、肌を保湿しながら細胞の生成を促進することが必要不可欠で、FGFとか葉酸、ビタミンC誘導体、プラセンタ、シラノール誘導体などの成分が効果的です。

 

肉割れクリームを塗るタイミングは、基本的に一日に何回塗っても良いのですが、お風呂上りで皮膚が乾燥しやすい時には必ずたっぷり塗るようにしてくださいね。

 

お風呂上りはクリームの有効成分が体内に吸収されやすいという特長がありますし、皮膚の乾燥を予防する効果も期待できます。

 

クリームを塗るだけでも、肉割れを予防したり改善することは可能ですが、夜眠っている間の新陳代謝を活性化させることもまた、間接的に肉割れ対策となります。

 

眠っている間は、体内で新しい細胞がどんどん作られると同時に、肉割れのようにダメージを負った細胞は排出されるという作業が行われます。

 

毎日ぐっすり眠る睡眠時間を確保することによって、肉割れを作りにくく、作られても目立たなくできる肌質へと近づけます。

 

まとめ

肉割れができると、くっきりとした跡を作る前の段階でかゆくなってしまうことが多いものです。

 

でもかゆいからと言って引っ掻くと、悪化したり腫れたりして悪循環なので、掻かずに保湿クリームでたっぷり保湿してあげましょう。

 

クリームは、肉割れクリームのように優秀な保湿成分がたっぷり入ったものがおすすめです。

 

 

出来てしまった肉割れをケアする、人気の肉割れクリームはコチラの記事で紹介しています。
太ももの肉割れ線を消すには専用クリームがおすすめ!



page top